!!注意事項!!

!!注意!!

3Dモデルは場合によって200Mbytesを近くになる場合があります。(大型石室の全体像の場合など)

表題バージョンに”L”のついているものは50Mbytesを超えていないものですが、全般に定額/高速回線/PCでの閲覧を推奨します。


2016年10月22日土曜日

福島県_白河市_谷地久保古墳(Ver1.0、Ver1.0L)


 3Dモデルを閲覧できない場合はSketchfabの使い方_3Dモデル閲覧_その1を参照して確認してください。


※壬生車塚古墳の延長戦。類型の石室を探して福島まで足を伸ばして谷地久保古墳を見学。高いと場所、どちらかといえば谷筋という終末らしい立地。国史跡のせいか夏の終わりでも見学しやすい状況です。

現在は袖もなくなっていますが、壬生車塚古墳石室を小さくしたような形状だったことが記録に残っています。Ver1.0だと天井石や側壁とかみ合う様に工作されているように見えます。



今回のVer1.0は、初のPhotoscan作成物。実測が伴わない写真測量系とそこそこ精度で計測されている3Dスキャナの組み合わせでほぼ同じサイズにできています。



0 件のコメント:

コメントを投稿