!!注意事項!!

!!注意!!

3Dモデルは場合によって200Mbytesを近くになる場合があります。(大型石室の全体像の場合など)

表題バージョンに”L”のついているものは50Mbytesを超えていないものですが、全般に定額/高速回線/PCでの閲覧を推奨します。


2018年6月20日水曜日

徳島県_美馬市_荒川古墳(Ver1.0)

 3Dモデルを閲覧できない場合はSketchfabの使い方_3Dモデル閲覧_その1を参照して確認してください。
この3Dモデルは、非常にデータサイズが大きいため固定回線かつPCでの閲覧を推奨します。



※細長い羨道、あまり記憶にない玄室空間形状・石棚と、いろいろと面白い美馬市荒川古墳。羨道途中にある門のような構造は、対岸の三島古墳群2号墳にも見られます。門?を超えると段の塚穴型形状を構成する1枚目の石材となるので、ここからが玄室のイメージだったのかも。

玄室入り口付近の軍手は、見学者のものかな?(他の方の00年代写真には、見当たらないため)

ZenfoneAR+RtabMapで計測した中で、羨道の狭さ*長さでトップクラスの石室。直射日光原因以外では初めて、3Dスキャン途中でデータが破綻しました。(移動前と移動後に同じ個所をスキャンしても、同じ場所と認識しない)。狭い羨道を早く抜け出そうとして、ZenfoneARを早く動かしすぎたのが要因そうです。


2018年6月17日日曜日

床面の違いが判る?撮影者違いのインターバル全天球撮影

上:2015年12月26日 朝8:30ごろの兵庫県たつの市姥塚古墳玄室
下:2018年3月の兵庫県たつの市姥塚古墳玄室

なんと、撮影者違いで古墳玄室の2年越しインターバル撮影が実現!
 Kengo Shimizu様が撮影された5000万画素の全天球写真は、結合漏れもなく床面までばっちり撮影。(兵庫県はTheta発売以前から、一眼カメラ?を使用した全天球撮影者が何人かいらっしゃるようです。)







おそらく壁面から等位置を考えるので、おおむね同じような位置からの撮影となっています。

熊本地震を経た二軒小屋古墳の破損状況を、全天球写真からチェックしたことがありました。壊れたところではなく、床面に見慣れぬ石材が転がっているかが破損個所発見のキーになりました。ただ、ThetaやThetaSでは解像度や暗所での撮影がそれほど得意ではないので、見落としはあると思います。

その点、このおそらくデジイチを使用した撮影では、十分な解像度を備えています。これなら、わずかな石の動きも観察できますね。

でも2年間あったわりには、石動いていませんね。げじげじが多いのであまり玄室の中で動きまわって見学する人も少ないのかも。

2018年6月14日木曜日

島根県_出雲市_今市大念寺古墳(Ver1.0)

 3Dモデルを閲覧できない場合はSketchfabの使い方_3Dモデル閲覧_その1を参照して確認してください。



※出雲市の町中にある前方後円墳、今市大念寺古墳。お寺の墓地に石室入り口が開いています。大型玄室の体積おおよそ1/4を占める石棺は、横穴墓を丸ごと内包できるほどの大きさ。奥壁の石材も超大型なのに、注目ポイントを石棺に持っていかれる石室です。

内部も見れる石棺にRtabmapで突入(事前に、総社愛宕山古墳で練習)。石棺の外側と内側を3Dスキャンすることで、どのくらいの石材の厚さがあるのかがわかります。勝手な思い込みでシンメトリーに作られているのかと思いきや、ずいぶんと奥側に広くなっています。

右が石室開口部

これも、小さいところに突っ込めるZenfoneARと3次元計測が継続取得できるRtabmapゆえの面白技かな。