!!注意事項!!

!!注意!!

3Dモデルは場合によって200Mbytesを近くになる場合があります。(大型石室の全体像の場合など)

表題バージョンに”L”のついているものは50Mbytesを超えていないものですが、全般に定額/高速回線/PCでの閲覧を推奨します。


2018年7月17日火曜日

自治体がSkechfabアカウントで発信している!


個人の趣味によるSketchfabのアカウントはありました。
研究者のデータ共有のためのSketchfabのアカウントもありました。
会社は、技術アピールにSketchfabのアカウントを使っていました。

そして、自治体がSketchfabのアカウントを持つ時代が来ました!!

以下は、東大阪市のSketchfabアカウントから。






これだけでも十分すごいことですが、
・3次元データを利用した史跡の解説動画がある
 (しかも、Oculus Riftを利用したVR見学を昨年実施している)
・DL可能な文化財データがある
・3次元データの運用ポリシーが規定されている
などなど・・・県レベルの資料館でもやっていないようなことまで。


こういう取り組みが広がって、自治体も研究者も趣味の人も相互に影響しあえるといいなぁ。

2018年7月9日月曜日

長野県_飯田市_御猿堂古墳(Ver1.0L)

 3Dモデルを閲覧できない場合はSketchfabの使い方_3Dモデル閲覧_その1を参照して確認してください。




※県指定から国指定に昇格した飯田古墳群の一基、御猿堂古墳。無袖の短室に見えますが、全長は13mと侮れない大きさです。飯田の無袖石室の系譜なのかもしれませんが、入り口付近に一段天井石が下がる部分があり玄室と羨道を区別していると考えられています。奥壁にチョークで骸骨の落書きがあります・・・。

StructureSensor+roomcaptureで3次元計測しているデータも残りわずか。狭い開口部には気を付けていたものの、結合できるデータが取得できていませんでした。推定で結合するよりは・・・ということで開口部外側のデータは結合していません。またいつかZenfoneARで見学しなおしかな。

2018年7月2日月曜日

熊本県_南関町_八角目古墳群3号墳(Ver1.0)

 3Dモデルを閲覧できない場合はSketchfabの使い方_3Dモデル閲覧_その1を参照して確認してください。



※大牟田市との境目あたりにある八角目古墳群。そのなかでも一番開口部が狭い3号墳です。くり抜き玄門がじっくり眺められる内側から見るとそう狭く見えませんが、後室床面より50cmくらい埋まっていることや閉塞石?が地面から突き出しているため体形によっては引っ掛かります。なんかんトッパ丸すると、あとは問題なく移動できるはずです。

閉塞石を超える際に、ヨイショといった感じで勢いをつけてたせいもあり、石室内部のごみデータが多い傾向に。