!!注意事項!!

!!注意!!

3Dモデルは場合によって200Mbytesを近くになる場合があります。(大型石室の全体像の場合など)

表題バージョンに”L”のついているものは50Mbytesを超えていないものですが、全般に定額/高速回線/PCでの閲覧を推奨します。


2016年10月5日水曜日

ついに3Dスキャナ内臓のスマートフォン発売

この3Dスキャナどこで買えるの?と古墳で聞かれるたびに
そろそろ発売されますよと言い続けて2年

ついにちゃんとした3Dスキャナ付スマホが発売になります

LenovoのPhab2Proの特設サイト 
http://shopap.lenovo.com/jp/tango



動画の初めあたりに、カメラとその隣のカメラっぽいセンサー群をばらしている場面がありますが、それが3Dスキャナ(深度センサー)。

搭載されているのは、Google社のTangoProject。私の使っているStructureSensorとは違い、TimeofFlight方式(インテル社のRealsenseと同じ)。以前だとデータ処理が大変でスマホ搭載は難しいといわれていた方式ですが、数年で搭載されましたね。


このTango用アプリは少しアップロードされていますが、StructureSensorのRoomcaptureと同じようなアプリがまだ見当たりません。
TangoProjectのコミュニティには、部屋をスキャンして補正をかけるような動画もあるので類似のことは行えるようです。

   


今後増えていくといいなぁ。(自作は難しい・・・)

様子見するか、買ってしまうかで悩み中。






0 件のコメント:

コメントを投稿