!!注意事項!!

!!注意!!

3Dモデルは場合によって200Mbytesを近くになる場合があります。(大型石室の全体像の場合など)

表題バージョンに”L”のついているものは50Mbytesを超えていないものですが、全般に定額/高速回線/PCでの閲覧を推奨します。


2018年1月18日木曜日

岐阜県_土岐市_段尻巻古墳(Ver1.0)

 3Dモデルを閲覧できない場合はSketchfabの使い方_3Dモデル閲覧_その1を参照して確認してください。



※乙塚古墳の後に見学してしまったせいで、小さく見えてしまう段尻巻古墳。画像では小さく見えますが、それでも小柄な方なら立ったまま入れるほどの高さがあります。前後室ではなく、羨道とされている場所は鉄の棒で天井石を支えている状態。土岐市のホームページでも記事によっては”ただし、石室内は危険ですので立ち入らないでください。”とされています。どうしても中を見たい方は、市に問い合わせましょう。

Photoscanでの石室ですが、開口部も大きいことも有り写真すべてが1回で繋がりました。ただ、奥壁を撮影しすぎてしまったせいか、平滑な奥壁に泡のような形状が出来ています。作成の手間がかかりますが、SfMでよりよい3Dを造るためには画像を間引くということも必要になるようです

0 件のコメント:

コメントを投稿