!!注意事項!!

!!注意!!

3Dモデルは場合によって200Mbytesを近くになる場合があります。(大型石室の全体像の場合など)

表題バージョンに”L”のついているものは50Mbytesを超えていないものですが、全般に定額/高速回線/PCでの閲覧を推奨します。


2018年4月4日水曜日

奈良県_明日香村_岩屋山古墳(Ver1.0)

 3Dモデルを閲覧できない場合はSketchfabの使い方_3Dモデル閲覧_その1を参照して確認してください。


※岩屋山式と呼ばれる指標となっている古墳。石室が小さくなる過程で、平滑かつ巨大な石材を堪能するとなると最も見学しやすいところ・・・なはずなんですが、数百mしか離れていない鬼の俎板などに比べると人が少ないです。


ウォークスルーのできるPhotosynth(サービス終了)用に撮り貯めていた画像をPix4DMapperにしかけたら、なんとなく出来てしまった3Dモデル。このとき、お昼前ということも有り羨道に直射日光が当たっている状況で、StructureSensorでは十分な形状が取得できない状況でした。状況や対象に応じて、3次元化手法を変えることが有効ということに気がついた古墳です。(3D Laser Scanning for Heritageをちゃんと読めという話ですが。。。)

0 件のコメント:

コメントを投稿