!!注意事項!!

!!注意!!

3Dモデルは場合によって200Mbytesを近くになる場合があります。(大型石室の全体像の場合など)

表題バージョンに”L”のついているものは50Mbytesを超えていないものですが、全般に定額/高速回線/PCでの閲覧を推奨します。


2017年10月24日火曜日

3次元計測しているiPad画面を撮る

iOS11から追加された画面を動画で記録する機能。今までは、別にMacを準備したり別のソフトを買ったりという手順が必要だったと思いますが、かなりお手軽になりました。

ということで、横穴墓の3次元計測しているところを動画で公開。




撮影対象は、横穴墓玄室(特に複雑な構造物なし)
使用機材は、iPadPro(A1674)とstructuresensor
ソフトウェアは、Roomcapture
ライティングにLEDランタンを使用しています。

録画を開始して3Dモデルの確認を行うまでが、1分15秒。片手でiPadとLEDランタンを持ち、横穴墓内を緑色格子が一周するように丹念に撮影していきます。緑色の格子頂点はiPadからの距離が計測できた箇所。多少動きが早いシーンもありますが、それ程無理無く連結されていきます。早く動かすと誤差が大きくなり、緑色の格子が大きく書き換わったり、連結が破綻するなどの状況となります。点群データのように誤りデータを除去できないため、撮影自体が最も重要な手順となります。

出来上がった何も手を加えていない3Dモデルが以下。



正解(発掘調査資料)が無いため、計測データの精度は不明。(ただし、SfM作成の3Dモデルとは同一にみえる)テクスチャに模様が出ていますが、テクスチャ用の写真を撮影したタイミングにより光の当たり方が違うためこのようなデータになります。

小さな玄室内を最もすばやく3D化する手法・・・と私は考えています。これ以上となると、深度センサー版のThetaのようなものしか想像できません。

なお、ZenfoneARでの3Dスキャンも併せて録画を考えていたのですが、どうもTangoとかち合う様でスクリーンレコーダーが動作せず。深度センサーの技術が違うため、少し時間はかかりますが、この動画と同じような状況になります。


0 件のコメント:

コメントを投稿