!!注意事項!!

!!注意!!

3Dモデルは場合によって200Mbytesを近くになる場合があります。(大型石室の全体像の場合など)

表題バージョンに”L”のついているものは50Mbytesを超えていないものですが、全般に定額/高速回線/PCでの閲覧を推奨します。


2018年2月25日日曜日

栃木県_上三川町_坂上北原遺跡25号墳(Ver1.0)

 3Dモデルを閲覧できない場合はSketchfabの使い方_3Dモデル閲覧_その1を参照して確認してください。



※発掘調査報告書が発行されていること確認できたため、3Dモデルを公開します。

東プレ栃木事業所敷地内にあった坂上北原遺跡_25号墳。この近辺では珍しい方墳。調査前から墳丘は存在せず、掘ってみたら出てきたパターンです。主体部は川原石小口積みの横穴式石室・・・ですが羨道や墓道が検出されていないので3D化できた部分だけを見ると終末期横穴式っぽい竪穴式石室のようにも見えます。

石室規模は、長さ3.5m、奥壁側幅0.8m、中央幅1.4m、南壁側1m、残存高さ0.55m
(坂上北原遺跡(東プレ地区)Ⅱ 2017年3月より)

発掘調査中に見学させてもらった数例の内の一つです。発掘調査中かつ工場の敷地内という見学者にとっては、ハードルの高い遺跡でした。が、それ故にいろいろと検討しなければいけない課題が見えた場所でもあります。




0 件のコメント:

コメントを投稿