!!注意事項!!

!!注意!!

3Dモデルは場合によって200Mbytesを近くになる場合があります。(大型石室の全体像の場合など)

表題バージョンに”L”のついているものは50Mbytesを超えていないものですが、全般に定額/高速回線/PCでの閲覧を推奨します。


2017年8月26日土曜日

急げ!3D Scanning Challenge for 'Interiors'

いつものように古墳の3DモデルをSketchfabにアップロードすると、なにやらコメントが。

よい出来なので、イベントに参加しないかい?ということらしい。

3D Scanning Challenge for 'Interiors'
https://blog.sketchfab.com/sketchfab-3d-scanning-challenge-interiors/


イベントの連絡自体はメールできていましたが、それ程気にも留めず流してました。まさか、古墳がInteriorsに含まれるとは。

Sketchfabに公開する以上の許可を取れていない自治体も多いので、個別メッセージで事情を説明して辞退。

もし、間違って優勝なんてしちゃったら
世界発信されているサービスで室内代表として古墳玄室が公開されちゃうわけです。

残り時間わずかですが、どなたかチャレンジしてみませんか?


と同時に協賛になっているcapturingrealityに少し興味が。
Photoscanと同じ写真計測系アプリとおもいきや、レーザー計測のデータも使えそう。混在して使えるのかなぁなどと期待を持ちつつ、少し時間が空いたときにでもトライアルや3ヶ月を購入して試してみたいと思います。

下は綺麗な3DモデルをいっぱいSketchfabにあげているVlad様によるSfMアプリ比較。
軽く閲覧しただけですが、PSよりRCのほうがわずかに綺麗に見えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿